SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life 
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいこと

2009.08.14

お腹の調子・夢の中でのイメージトレーニングは相変わらずですが、
昨日の勤務で嬉しいことがありました。

日記にも書いていたとおり、昨日は女医さんとお仕事をしました。
2,3人の患者さんを治療後、その先生から、
”私、あなたの仕事ぶり好きよ。もっとリラックスしてやればいいのよ。私の言ってる事でわからない事があればいつでも聞きなさいよ”と。
その後も13時過ぎまで一緒に仕事をさせてもらったのですが、
”私、明日もohanaと組んで仕事がしたいわ。明日は出勤?”って。
でも、残念なことに私は休み。先生にそういうと、
”じゃあ、来週ね。楽しみにしてるから"と何ともありがたいお言葉をいただきました。
その女医さん、昨日はパート勤務の日。


ランチの後、少しだけ1人のパートさんと話すことができた。
彼女は私を面接してくれた人。
”ohana,仕事はどう?楽しんでる?あなたの仕事ぶりは良いわ。
異国に来て仕事に就くなんてすごいことよ。私だったら絶対できないもの。英語が心配って言ってたけど、そんなのここで働きながら覚えればいいのよ。学校なんかよりずっと勉強になるはずよ。あの忙しい先生だって最初はほとんど英語が話せなかったのよ。半年もすれば大丈夫だからね”って。

午後はいつもの忙しい先生と組んでお仕事。
人気があるから、予約が朝から夕方までほぼ30分刻みで入っている。
使う薬品も器具も他の先生に比べて種類が豊富。
とにかく急いで準備中、1種類の液を私は紙トレイの上に出してしまった。その出し方で先輩助手が私に
”紙トレイじゃなくて、スティックの先につけて渡すのよ”と説明してくれてると、先生が、
”いや、僕はohanaのやり方のがいい。そのまま紙トレイをくれ”
でも、先輩助手の表情が一瞬固まったのを見てしまった。ごめんなさい。
その後も、1つの薬品で粉と液を混ぜる時、先生のリクエストは、
”はちみつのように仕上げて”。はちみつ?
混ぜたものを先輩に確認してもらって渡すと、
”ohana,すごい。パーフェクトだよ。まさに僕の望んだものだ”って。
うーん、大げさ過ぎるくらいの褒め方をしてくれた。
きっと、私に自信をつけさせてくれるつもりだったと思う。
けど、次もうまく練れると限らないのだ・・・。

しかし、その後緊急事態が発生し、先輩助手が抜けてしまった。
この緊急事態で他の先生の患者さんまでもが流れてきてテンテコマイ。
治療は何とかながせたけど、片付け・準備が間に合わないときもあり、
何と先生自らが患者さんを呼びに行ってくれたりもしたので
申し訳なかったよ。

来週は今週より仕事ができるように頑張らないとね。
来週こそは院長に対面するのかな?

ストレス?

2009.08.12
昨日、自分の立場が試用期間であることを確認した。
通常、試用期間は2,3週間だそうだ。その後、また3ヶ月くらいで確認があるらしい。
経験があるからということでもう2日目から助手としてデビューしているのです。もちろん先輩DAのサポートあるでね。
今まで就いていたドクターはそのクリニックで一番忙しくしかもこだわりのある細かい治療。だから他の助手さんから、
”最初に彼に就くのはある意味ラッキーよ。あとが楽になるわよ”って
言われてた。

そのドクター自身も、
”僕も移民だったし、語学力に問題があるのは理解できる。
でも、今の君の立場は試用期間。恥ずかしがらずに自分の能力を見せつけないといけないよ。こんなに能力があるから雇うべきだとボスに自分を売り込まないといけないよ”と言われた。
”自分を売り込む” 言われてることは分かる。
しかし、自分のやっていたことはここでは行われていない。
薬品もやり方も違う。どうすればいいのだろう?

自分の英語レベルでDAなんて無理と思う気持ちと、
ここでくじけたら日本人なんてって思われるかもとくじけるわけにはいかないと思う気持ちと、DAだけが道じゃないベーカリーでいけるかもと思う気持ちとか、とにかくいろんな思いが頭の中をグルグル。
それに覚えなきゃいけないこともいっぱいあって、夢の中でも働いてました(笑)
そんなことを考えながら寝床につくと、
お腹のものすごい痛みで目が覚めた。涙が出そうなくらいの痛み。
あまりの痛さに寝てる位置を頻繁に変えるから旦那を起こしてしまったようだ。
”ごめん、でもお腹がすごく痛いの”
”今から病院行くか?”
”我慢してみる”
そんなやり取りの後、旦那はまた寝入ってしまった。
しかし冷や汗ものの痛み。
なんとか朝を迎えたがトイレに行って驚いた。血便出ちゃいました。
あーーー(涙)

しかし、仕事は休めない。
出勤すると、”今日は他のドクターについて働いてもらうよ”と。
これっていいのか悪いのか?
ドクターたちはそれぞれ個室を持っていて診察台も違えば、
薬品、器具も違う引き出しにしまってある。使う薬品も違うし、やり方も違う。また1からお勉強。
まずは若手ホープと仕事を始めると、”えっ?このペース、このやり方ならいけるかも”と思えた。

そして、違うドクターが ”15時からohanaを借りて良いかな?
僕のところでやって欲しいんだけど・・・”って声をかけてもらえた。
彼は年配のパートの歯科医。アーティストでもあり、哲学者でもある。
”ohana,君はいつも立って仕事してるけど、それは長い目で見たら君の身体に良くないことだよ。それに、ここに来る患者のほとんどが恐怖を抱いて来院してるのに君が立っている姿を見たら患者にとっては威圧的に見えるんじゃないのかな?僕の言うとおりの体勢でやってみてごらん?嫌なら君のスタイルに戻せば良いよ””はい、まず座って、股を開いて。僕は君の足の間に僕の足を入れるから、ハイ、もっと僕に近づいて”
診察室の外で聞いてたらかなりやらしい会話ですが、たぶん、緊張してる私を気遣ってくれたんだと思います。この先生は普段から冗談ばっかり連発しています。
というわけで、今日は生き延びれました。
明日は、女医さんと働くことになりそうです。
あと、ついに院長ともご対面なるかも・・・。

採用:不採用、30:70ってとこかな。
結果は近々わかると思います。

凹まず、前を向いて歩いていくつもりだから何があっても大丈夫。
頑張るよ。

ほんと?

2009.07.31
夢のマイホームに一歩近づけたかな?

来週からパートタイムで働くことになりました。

7月初めに応募しておいた仕事なんですが、
27日(月)に突然電話があり、
”もしよければ明日面接しませんか?”って。
もちろん答えは”はい”。

28日(火)に面接に行くと、これを面接と言うのだろうかというほど。
しかも、部屋に通されたとき、
”どうぞかけてください”って言われて座ろうとしたら、
ピッカピカに磨かれたキャスター付の椅子でズッコケかけて・・(爆)
せっかくスーツ着てきめてたつもりだったのに(涙)
これが幸いしたのか、場の雰囲気が一気に和みました。

面接をしてくれたのは、そこで働くパートさん。
へっ?なぜ?パートさんと1対1の面接?
”経験あるわよねー、これ知ってる?使ったことある?”
”週2,3日の朝から夕方までの勤務できますか?”
スタッフルームとか案内されて、
聞いてもいないのにお給料の話までしてくれて、
”何か質問ある?”って。
とりあえず、車通勤した際の駐車場のことを聞いてみた。
そしたら、”近所の公共のとこでもスーパーでもどこでも停めていいわよ。最初は違反チケットきられるかもしれないけど、そのうち大丈夫”って。
”???”さすが、オージー。ただ笑うしかありませんでした。
”今はオーナーもいないし、来週には返事するから”と。
帰り際、”ちょっと待って、ところであなたはミスそれともミセス?”って。

今まで受けたうちで一番くだけていて、しかも突っ込んだ質問のない面接(正味5分もないくらい)だったので、受けた後も?マーク。
旦那も家を出て往復の道のりをいれて30分もしないうちに帰宅した私に
”えっ、もう終わったの?”
”うん終わった。でも、あれって面接だったのかなあ・・・?”

実は面接に行く前に、”練習だと思って行ってくるね”って出かけようとした私に旦那は、”そういうつもりで受けるなら行く必要はない!”
と旦那らしい厳しい一言。
私だって、ほんとは仕事が欲しいと思って受けに行くけど、
外国人として仕事をゲットする厳しい現実を聞いたり経験してるから、
自己防衛じゃないけど、また失敗したときに落ち込み具合を最小限に抑えるために自分自身に言い聞かせるしかないんだよね。

とりあえず、面接後すぐにお礼の手紙を書き送っておきました。

そして、今日、
なんと採用の電話をいただきました。
私はもう舞い上がって、”ありがとうございます。本当にありがとうございます”って大きな声で言っちゃいました。
そしたら、先方は
”あなたのくれたお礼の手紙はナイスだったわ。ありがとう。
じゃあ来週火曜日にね”って。

いよいよ来週火曜日からパートデビューです。
でも、担当の先生との相性もあるのでうまくいくかは?
とにかく、せっかくいただいたチャンスだから、
一生懸命頑張ってみます。
経験はあるといっても、3年以上のブランクかつ英語。きついなあ・・・
1から勉強です。

末っ子のチャイルドケアも勤務先の近くでは火・水しか空きがないので
木曜は空きが出るまで、いったんシティのチャイルドケアに送ってハイウェイで勤務先までもどることになりそうです。
お迎えは間に合わないので旦那か長女が協力してくれるって。
ありがとう。
仕事のみつかりにくいタスマニア。
前回みたいにチャイルドケアの空きが見つからなくてせっかくのチャンス失うのは悲しいからね。

結露

2009.07.10
IMG_1964_convert_20090710124245.jpg
IMG_1975_convert_20090710124427.jpg


タスは日に日に寒くなってきています。
と言っても、平均1~12,3度なので温度的には日本の冬に比べればそれほど寒くないんだけど、なにせ冷たい雨と強い風でとても寒く感じます。

今回の借家は暖炉があるので24時間体制で火をつけているので
リビングとキッチンは暖かい。暖炉の火ってなぜかロマンチックなのよね。それに日当たりもいいから幸せです。

しかし、これには落とし穴が・・・。
タスマニア事態が湿気が多いようなんだけど、
とくに我が家の辺りは昼間の日当たりが良く、
前は海につながる大きな川、後ろは山。
そのおかげでものすごい結露です。
前の家も同じエリア。確かに寒くなると同時に結露に悩まされました。
不動産屋さんいわく、”あのエリアは昼と夜との温度差が激しいからねえ。それが結露の原因の1つになってるんだよ”って。
それと家が古く断熱材とかも使ってないのも原因のようで、
毎日、窓ガラスはベトベト(写真:窓の外でなく内側が濡れてるんですよ)。木製の窓枠には水溜り。壁も霧吹きで水をかけたみたいに濡れてます。
雨が続くと湿気でドアや窓が開かなくなります。
前の家よりひどい状態です。

毎日窓拭きしてるけど、それでも壁際に置いてあった家具の裏にはカビがはえてくるし、もちろんカーテンや窓枠も。
拭き掃除に加えて、時々カビキラーと歯ブラシを使って念入りに掃除もしています。

そして、ついに除湿機も購入しました。
娘と私達の部屋は半日足らずでそれぞれ1.5リットル、
息子の部屋は1リットル弱の水が毎日取れます。
にもかかわらず、窓は毎日濡れてます。おそろしい・・・。

そう言えば、入居前にカーテンにすでにカビがはえていたのでクリーニングに出さないのか不動産屋さんに聞いた覚えがあります。
答えはもちろん ”出しません”でした。
今回の結露で納得です。

春・夏住むには最高のところだけど、秋、とくに冬は違うところに引っ越したい。

2009.05.23
20日、お料理好き、思いやりがあって優しくてお人好しで争いごとが嫌い、日本語の勉強大嫌いの長男11歳になりました。

ジェダ(チェコ語でおじいさん)とバビチカ(チェコ語でおばあさん)から自転車をもらいました。日本のジジとババからはかっこいいスニーカーが日本から届きました。
私達からはMP3プレイヤーとゲームソフト(これはダディが内緒で購入)。
巻き寿司とおいなりさんが食べたいとのリクエストに応え日本食でお祝い。ケーキはマーブルケーキを焼きました。

そして、22日。
旦那が無事卒業し、
移住後5ヶ月目から始まった8ヶ月に及ぶ別居生活を終え帰宅しました。
夜は夫婦同伴のディナーパーティーがあり、宴は夜中まで。
こちらに来て初めてのディナーパーティーということもあり、
何を着ていけばいいのか、お友達に相談にのってもらいました。
結局、旦那は黒のスーツに渋めのオレンジ色のシャツ、
私は背中の開いた黒のフィットタイプのロングドレスに黒の羽毛のショールで参加。
若い人たちは、男の子はスーツ。
女の子は大きく胸元の開いたミニドレス。
タスマニアはメインランドに比べると地味だそうです。
踊っていると胸があふれ出しそうで、ハラハラ。

スピーチあり、ビデオ鑑賞あり、
後半はお酒も入り大盛り上がり。
クラブ状態でDJの音楽にあわせてノリノリ。
もちろん、私達も踊りましたよ。
子供達が待っているので2次会には参加しなかったけど、
帰り道、旦那と”たまには、ああして踊るのもいいねー”
”今度はいつ行く?”って盛り上がりました(笑)

月曜からいよいよ仕事が始まります。
妻としてちゃんとサポートしていかないとね。

そういいながら、実は今日ケンカしました。
ごめんなさい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。