SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life ベーカリーコース・第3週
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーカリーコース・第3週

2009.03.29
Textbookworkbooks_convert_20090329045932.jpg


無事3週目終了。
クラスは相変わらず毎日賑やかです。

おかしなおばちゃんはクラスメイトのリストを作って、
その人柄や行動、彼女に対してとった態度をメモにしてありました。
なぜ分かったかというと、おばちゃんメモを教室に落としていったのよ。
ちょっと怖いでしょ?

今週は1人の悪がきくんと2日間だけペア作業をしましたが、
どうやら彼は細かい仕上げの作業が苦手らしくイライラ。
(掃除はすすんでいつもやってくれるいい子なんだけどね)
最後には仕上げの作業は乱雑になって出来上がりは・・・。
見かねたイタリアンマンマや悪がきくんの彼女が、
”ちょっとあんたー、これじゃきちんとやってるohanaがかわいそうじゃない”って助けに来てくれたり、もう1人の悪がきくんも、
”おまえ、ちゃんとやれよ!僕はohanaの怒った顔を見たくないよ"って言ってくれたり、
いつも先生のパフォーマンスをみんなの後ろから覗いていたんだけど、
”こっちにおいで”と声をかけてくれたり、そっと背中を押してくれる子も出てきて、みんな優しいの。

クラスでは私にF○○○って言わせたくって悪がきくんたちあれこれ企んでます。
その言葉はいえない代わりに、人差し指でする日本の子供の間でやる例の
”かんちょ○~”を教えてみました(笑)
みんな私がそういうことするとは思ってなかったらしく、みんなの驚いた顔最高でしたよ。(ほんとはよくそういうことも何でもオープンにお馬鹿言ってるんですよ。今のクラスでは言ってませんが・・・)

仲間にいれてもらえた気がしてすごく嬉しい1週間でした。

先生も私がよくメインキッチンにほかりこんである洗い物をしてることに
気付いていたみたいで、ある日、”君はいつも洗ってくれてるから、
今日は誰か他の生徒にやらせるよ”って。

金曜日、授業を終えて帰ろうとすると学校の側で悪がきくんたちとスモーカー組がいて、
”ohana~”って呼ぶから近づいていくと、
”ohanaお願い。1回だけでいいからf○○○って言って!”って。
そんな事は絶対言えませんよ。

いざ立ち去ろうとすると、1人のおとなしい組のクラスメイトが追いかけてきて
”今度一緒にランチしてくれませんか?”って。
私達ベーカリーのコースはフード関連なので例え一瞬でも学校のビルの外に出る時には着替えをしなければいけません。
ランチといっても30分しかないし、いちいち着替えるのも面倒だからと言うと、”じゃあ、このコースが終わってからでもいいよ。ランチに行ってくれませんか?”って。
これってお誘い?
このおとなしい彼にしたら、すごく勇気のいった一言だったんだろうなあ・・・。

外国人の3人の子持ちのスッピンおばちゃんですよ。
でも、どうやらクラスメイトの間では20代だと思ってる子もいたの(爆)
同じアジア人が見ればすぐに実年齢はばれるんだけどね。
オージーからするとアジア人ってかなり若くみえるみたい。
でも、なんだか嬉しかったな。

うちに帰って、このことを娘に話すと笑われました。
旦那はこれは危ないとかって騒いでました(笑)

いよいよ来週でおしまい。
木曜日には業者が見に来て条件があえば雇ってくれるそうです。
でも、この不景気で小さなベーカリーは閉店に追い込まれてるところもあるから期待はできないかもね。
特に、私は昼間しか働けないから、夜中の1時、2時から働けるフルタイマーにはなれないもの。
その前に、5冊のワークブックを終えて、履歴書とカバーレターを作らなきゃ。
スポンサーサイト

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。