SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life 2009年12月11日
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくがんばりました

2009.12.11
ついに昨日長女と長男のみで日本に飛びました。初体験です。
ホバートーメルボルン、メルボルンーシンガポール、シンガポールーセントレアです。

私は仕事、次男は泣くのは確実ということでいつも通りチャイルドケアに行きました。
子供たちに ”忘れ物はない?とにかくお金とパスポートさえあればなんとかなるから。貴重品だけは肌身離さず持ってるのよ。いい?それと空港も変な人には気をつけてね” と家を出て職場までの半分くらいのところで旦那が一言。
”ohana,制服持ってきた?” 
ヒェ~持ってきてません!かあちゃんボケてきました(笑)
すぐに引き返してもらって制服ゲット、再度子供たちとバイバイ。

その後、旦那が長女、長男を空港まで見送りに行ってくれました。
でも、ジェットスターの遅れ、シンガポール航空をウェブチェックインしようとしたらできなくて電話すると番号が違うとか長男にパーミッションがないと乗せられないかもとかってコールセンターのインド人に言われて、(でも確か同行者が年齢以上ならいらないはずだったけど。
それに申し込んだ時には何も言われなかったし)、
フォームをメールしてもらって、サインして、それを近くのニュースエージェンシーでFAXしてもらって(うちにはFAXがないので)、
ホッとしたのも束の間、長女から荷物がメルボルンで見つけれないって連絡があって・・・というわけで旦那は仕事初遅刻。

夜中2時くらいに帰宅した旦那の携帯に電話。何か不具合でもあったかと慌てて電話に出ると娘のBFだった。長女が旦那に連絡できない(携帯を国際電話可能にしておくのを忘れてました)って、BFに無事だということを知らせてと頼んだようだ。無事シンガポールに着いたってさ。

でも、地元に戻るにはまだ空港待ち。
電話を受けた後もしばらく旦那も私も心配でなかなか眠りにつけなかった。
旦那は ”自分がメルボルンまで着いていくべきだったー、子供たちは本当によくがんばってるなあ”って言いいながら眠りにつきました。

どうやらメルボルンからはシンガポール航空のスタッフが子供たちだけのフライトということで
とても親切にしてくれたそうです。
長女も”シンガポール航空は設備もサービスもすごく良かった”って。
将来の夢にフライトアテンダントが加わらないかなあ・・・でも、大変なお仕事ですもんね。

日本時間の今朝、無事に子供たちは到着。
これから約2ヶ月の日本滞在。
長女は1週間だけ高校生活の体験、長男は小学校に通います。
もちろん、目的はジジババ孝行です。

次男はお姉ちゃんやお兄ちゃんはすぐに帰ってくると思っていて、
”まだ帰ってこないの?” ”誰もいないの寂しいー” ”ぼくも日本に行きたい” って。
寂しいのは、次男だけでなく、私も旦那も同じです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。