SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life 2008年07月07日
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷物だー

2008.07.07
前夜(7月6日)に電話がかかり、”7日朝9時に届けます”と。
半信半疑の私達。

7日朝、AMEPに行こうか迷いましたが、
荷物が来る方にかけ欠席しました。

9時 来ません。
9時半 来ません。
車の音がする度に、窓の外を見ます。

グオオ~ コンテナを積んだトラックが
我が家の前の坂道を上って来た、来た。
しかし、我が家を通り過ぎました。ガッカリ。

すると電話が鳴りました。
トラックドライバーからです。
そう、さっきの真っ赤なトラックはやっぱり我が家の荷物を積んでました。

到着早々、オージーのスタッフはトイレ。
コーヒーを出してあげて一服。

2人のオージーと旦那も手伝って、
コンテナから次々荷物を運び出します。
気さくなオージーのおじ様たちは荷物を運んで来る度に、
私に話しかけてくれるのですが、
ものすごくなまっていて聞き取れませんでした。

私は、パッキングリストのナンバーチェック。
あっという間に、たくさんの箱でリビングは足の踏み場もありません。
しかし、すべてを運び終えたところで、荷物は 116個。
1つ荷物が足りませんでした。

運送屋さんを見送ってすぐから荷解き開始。
途中、用があって近くまで来ていた義父が立ち寄ってくれたのですが、
”おーすごいなあー。頑張れよ”と言い残し立ち去ってしまいました(笑)

よくもまあ、こんなに荷造りしたと自分達で感心しながら作業。
本、ビデオ、キッチングッズがまず優先。
食器も雛人形もガラス細工も壊れてませんでした。
さすが、Wフルートダンボール、エアパッキンさまー。

待ちに待った荷物に旦那と子供達は大興奮。
夜12時近くまで、あれこれと荷物の思い出を語りながら過ごしました。

しかし、大問題。
小さな我が家、荷物をしまう場所が足りません。
今月末には、初の不動産屋によるインスペクションがあるというのに・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。