SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life 2008年06月
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じられない

2008.06.11
昨日は、じゅりさんご夫婦と楽しい時間を過ごし、
お土産にいただいたご主人お手製のおいしいお魚をいただき、
すごく幸せな1日だったんです。

でも、今日は・・・。
朝、この間リサイクルショップで買っておいた食器棚の上の部分を
引き取りに行って、無理やり我が家のオンボロファルコンに
押しこみ、トランクは紐で縛ったまま、
帰り道にセールをやってる店にデザートフォークを
買いに寄りました。時間にしたら、15分くらい。
でも、治安の良くない地域だったので、
不安に思った旦那は先に駐車場へ戻りました。
私が会計を終え、駐車場に行くと、旦那は見知らぬ人とお話し中。
近づいていくと・・・
なんと、我が家の車が駐車してあった他の車にぶつかってるんです。
平らな駐車場、しかも駐車してあったはずの位置からかなりズレテます。
なんと駐車してあった我が家の車が無人で移動し
他の車にぶつかっていたようです。
PにいれてあったはずのギアがDになっていたそうです。
それに、ハンドルの下の電気系のコードが垂れ下がってました。
すぐに、車の持ち主と話しをした旦那ですが、
相手は興奮中。
”なんていう車の停め方してんのよー!”って。
もちろん、そんな停め方するわけありません。
”僕は車を5メートルほど先の平らな場所に停めてました”
お互いに住所を交換し、少し落ち着いてきて、
とりあえず、店にセキュリーカメラがあるか確認に行きました。
しかし、今は個人の肖像権などで駐車場にはカメラは設置されてないらしく、何が起こったのかわかりません。
でも、旦那が店のセキュリティマンに言ったら、
"この辺りは店の周りを巡回して盗めそうな車は盗られるんだよ”って。
はい、またまたオーストラリアンカルチャーを身を持って体験しました。
確かに、この辺りの街、明らかに歩いている人たちの雰囲気が違います。
車があっただけ良かったと言えばいいのでしょうか・・。
プライベートの保険に入っていたので、350ドルの免責で
相手方の保障はされるのでホッ。
でも350ドルは免責分。はあー。
スポンサーサイト

動物園

2008.06.01
5月30日で1学期が終了し、子供達は2週間のお休み。
通知表は持って帰ってきませんでした。
後日郵送されるのかな?

それと、Grade4の長男は、一度も学校用具(教科書、ノート、文房具など)を持ち帰ったことがありません。
休みの前には持ち帰るのかなと思ったけどありませんでした。
持って帰ってきたのは、25ページほどの宿題のプリントだけ。
オーストラリアの小学校はそういうもの?

さて、今日はお休みということで、RichmondにあるZoodoo
(www.zoodoo.com.au)という
動物園というかアニマルパークに行ってきました。
入場料大人2名子供3名(2歳児はタダ)52ドル。高い!
(東山動物園だったら大人何百円子供はタダだったのに・・・)

中に入ると、うさぎやモルモットなどの小動物がいる部屋があり、
動物に触ることが出来ます。
もちろん、子供達はうさぎを抱っこ。
長女は、ミニブタが気に入ってましたが、これは網越しにしか触れませんでした。

次は、オープンバスに乗って、エミュー、だちょう、らくだなどが
放し飼いにされている広場の中を通っていきます。
バスに乗ると、紙袋に入ったえさを渡されます。
バスは、それぞれの広場の中で停まり、えさをあげるというか
動物たちがえさを取りに来ます。
お腹がすいているからなのか、
ものすごい勢いでがっついてきて怖いのなんのって。
バスの中はみんな興奮してました。

バスを下り、今度は、カンガルーやワラビー、鹿、ラマ、コアラなどの
放し飼い広場へ。
日本だったら考えられないけど、直接のえさやりや触ることもできます。
子供達は平気で動物達をさわってました。
でも、帰るまでには、長女は、カンガルーに顔面をひっかかれ、
私と長男は鹿に服をひっぱられ、
次男は動物のフンだらけの地面に転んだり、
けど、子供達は大喜び。

遊び足りない子供達は、
Richmondの街にある小学校の遊具で遊んだり、
ボール投げをしてきました。

帰り道は、うちの近くの高級住宅地の住宅巡り。
日本でいうと田園調布という感じでしょうか?
今度オープンハウスがあったら中を見てみたいなあ・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。