SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life 2008年04月
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運転免許・インターネット

2008.04.24
4月24日、旦那の実家からの荷物は、トラックを借りて、
旦那と義父で運んでくれて引越し完了。

今日は、車の免許証の書き換えに行ってきました。
ここタスマニアでは、以前は、日本の免許証を持っていても、
タスマニア州の免許証を取得するために、ペーパーテストと運転テストがありましたが、
いつの間にか日本と協定が結ばれ、書き換えできるようになってました。
5年分の登録代を支払い、
申請した窓口ですぐに写真を撮られ、待つこと2,3分。
タスマニア州の運転免許証もらっちゃいました。

《書き換えの際の持ち物》
 パスポート
 インターナショナルライセンス(翻訳代わり)
 オーストラリアに到着後の住所に届いた郵便物(銀行からの手紙)

これは、旦那が日本でタスマニアの免許証を書き換えるときに、
まだ日本にはタスマニア州の免許登録がされてないとかで、
すごく手間取り、何度も免許試験場に通って手続きをしたから、
タスマニアー日本間で協定ができたのだろうか?と
ふと思ったりしました(笑)

それと、やっぱりインターネットは必要です。

ということで、旦那が以下のサイトを使って調べてくれ、
plan search (http://bc.whirlpool.net.au/bc/?action=search)

とりあえず、スカイプができることと、
日本の実家に設置したslingbox(ロケーションフリーのようなもの)を使って
日本のテレビが見れることを条件にお値打ちなプランで
snowyというプロバイダーの月額50ドルに申し込みました。
残念なことに、タスマニア州ではADSLしかありません。
日本では、ケーブルを使っていたので、かなり遅くなりそうです。
私の実家は、私たちが日本を発つ前に申し込んでおいた光回線デビューです。
スポンサーサイト

家探し

2008.04.22
義両親はもう少し長く同居したらと言ってくれましたが、
子供達の学校も始まるし、
毎日片道1時間かけての送迎・朝晩往復してたら4時間ものドライブに
なってしまいます。
それに、子供達が通うのは公立。
学区が決まっているので、
学区内にとりあえず家を見つけなければなりません。
学区内に3軒の候補がありましたが、
1軒は予算的に無理と却下。
夢見ていた広い庭はなく、小さな家ですが、
一番学校に近い家ということで不動産屋に問い合わせてみました。
1番のりの問い合わせだったらしく、すぐに書類を揃えて申し込み。
内覧も一番乗りで済ませました。
一番乗りだと借りれる可能性は大だと不動産屋さんが言ってました。
でも、あとは、大家さんが誰に貸すかの判断。
旦那は求職中だし、移住してきたばかりだし、
審査では、保証人になってくれた人に私達について質問攻めだったみたいです。

結果の出る日はドキドキでしたが、
無事、決まりました。

旦那は、”22日に鍵をもらったら、その日に引っ越す!”と譲りません。ほんと、頑固なんだよね。
22日朝には、子供達を学校に送るついでに詰めれるだけの荷物を
詰め込み、即引越し。

しかし、掃除してあるといった家の中は汚く、
”あー日本だったらあり得ないよね。
やっぱりオーストラリアなんだね”と実感(泣)
すぐに掃除機を買いに行きました。
旦那は寝具を取りに実家に戻り、
とりあえず子供達のベッドは確保。
私達は寝袋を敷き就寝。
こんな感じで、オーストラリアの我が家生活が幕開けです。

義両親も
”こんなに早く家が見つかるなんて、すごく珍しいことよ。
本当にラッキーだったわね。
でも、こんなに早く出て行ってしまうなんてすごく寂しい”と。

2008.04.22
約6年ぶりのタスマニアは、ほとんど変わっていませんでした。

到着当日と次の日は週末ということもあり、
旦那の実家でのんびり。
旦那の家族は、息子家族が移住してきてくれたことを、
とっても喜んでくれました。

そして、月曜日からは、いろいろなお役所手続きや、
学校のこと、健康保険、免許書き換えなど、
毎日、旦那の実家とシティの往復。
義父の車に乗せてもらい片道1時間のドライブ。
子供達は、また今日もシティへ行かなきゃいけないのー?と不満げ。

義父に乗せていってもらうのも申し訳ないし、
遅かれ早かれ車は必要だからと安い中古車を購入することにしました。
新聞やネットでも検索しておいて、18日金曜日は朝から中古車屋巡り。
とにかく、こっちの中古車は高い。
日本ではとっくに廃車になってるような車だって
結構な値段で取引されてるんです。
やっぱり、車は持って来るべきだったと大後悔(大泣き)
予算内で5人家族が乗れる車ということで、
悩んだ末、フォードファルコンにしました。
1992年製走行距離は30万キロ越えています。
こちらでは、悪徳中古車屋が結構いるので、
本当なら、中古車を買う前に、
信頼のおける検査業者にチェックをいれてもらうのですが、
近所の正規ディーラーなどに聞き込みをして、
評判のいい中古車屋で検査を受けずに購入。
交渉して、まけてもらえたので喜んだのも束の間、
やっぱり、買ってすぐにブレーキ音がおかしくなり、
チェックしてもらったら、即修理をしないと危険と。
つづいて、ステアリングもおかしいとまた修理。
購入店に文句を言いに行ったら、
”僕がまけてあげた分で修理ができたから、僕はハッピーだよ”
とか言って、もし事故でも起きてたらどうすんのー(怒)

中古車は買う前には、要検査です。

新生活・1

2008.04.12
持ち込み荷物を80キロも追加したのに、
出国当日は、さらに35キロ追加。
預けた荷物は合計215キロ、それに、手荷物として、
5人がそれぞれリュックサック、それにチャイルドシート、
ノートパソコンなど。
セントレアでは、”移住する人達を何人か見てきたけど、
これだけの量の持込荷物は初めてです”と言われ、
当日分、少しまけてもらえました。
セントレアでも、ケアンズでも、シドニーでも、
空港の人達が、”すごい荷物!大丈夫?これだけの荷物を運べるの?
助けを呼ぼうか?”と声をかけてくれるほど。
空港のカートも山盛り状態。
気の毒に思われたのか、検査もスムーズに通してもらい、
無事タスマニアに到着。

空港では、旦那の両親と姉が待っていてくれました。
1ボックスカーは荷物で満タン。
もう1台の車に乗り込み、旦那の実家へ。
空港から1時間半の道中、しかし、実家まであと少しのところで、
荷物を載せた車が故障。
修理屋さんのトラックが来るまで、旦那はその場で待機。
とんだハプニングで新生活が始まりました(笑)

ついに・・・

2008.04.11

ついに、この日がやってきました。
今夜、出国です。

とにかく我が家は最後までバタバタ。
今日も銀行・最後のごみ捨てなどなど。

昨日は薬局で買い物をしてると、
車で待ってたはずの長男・次男が店内に。
”鍵かっておいたからねー”ガビーン・・・。
インロックしました(涙)JAFを呼び約1万円の出費。

荷物は、どんどん増え、追加予約で80キロ分。(8万円なり)
しかし、当日、もっと増えそうです。
もちろん、これだけの荷物と人間、我が家の車に載りません。
急遽、レンタカーを予約。

ほんとどうなることやら(笑)

次回は、タスマニアからの日記になります。
日本でお世話になったみなさん、
本当にありがとうございました。
遠く離れても、ずっと友達ですよ。よろしくね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。