SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life 2008年02月13日
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越し作業・学校

2008.02.13
先日、実家への引越しの見積もりを一括で出来るネットを利用したのですが、
お値打ちなところもあったのですがなんとなく決まらず、
今朝、某大きい引越し会社2社に直接メールで問い合わせてみました。
すると1社からすぐに電話がかかり、”今日の午後から見積もりに伺います”と。
でも、今回の引越し、節約するために出来る限り自分達で運ぶつもりなので、
荷物といっても、エアコン2台・冷蔵庫・リビングボードの大物だけにしました。
”見積もりに来てもらうほどのものではないので・・・”と言ったのですが、
”実際ものを見ないとちゃんとした金額がでませんし、べんきょうできるかもしれません”と。
というわけで、午後から引越屋さんが来てくれました。
安いと評判のこの会社、見積もり金額は、ネットの会社に比べて、
すごく高かったのでビックリ。
あれこれ話をしていくうちに、少しずつ金額が下がってきました。
しかし、まだまだ高いんです。
世間話などしながら、”せっかくですが、今回は見送らせていただきます”と言うと、
営業マンは、”では、もう少し頑張ります”と上司に何度も電話していました。
サ○○の営業マンは、秋にデビューしたばかりだそうで、
時々、声がもれてきたり、彼の話し振りから、もうかわいそうみたいだったから、
私は、”もう結構です。あなたもこんなに少ない仕事でおまけして、
上司に怒られてはかわいそうよ”と言うと、またも上司に電話。
最後は、上司が私と話したいと言い出した。

私:”せっかく、わざわざ見積もりに来てくださったのだけど、
少ない荷物でご無理を言うのは、申し訳ないので、今回はもう結構です”

上司:”すると、うちの営業マンが態度が悪かったからでしょうか?”
(彼は新人さんだけど、きちんとしていました)

私:”いいえ、おたくの営業マンはとても良い方です。そんな彼が、一生懸命、上司の方と
交渉してる姿が気の毒なので・・・”

あーだこーだ話し、とにかく、私は、もう結構ですと話した。
すると、突然、

上司:”では、全て込みで○○円でいかがでしょう?”

営業マンも、これは、上司の出した金額なので、彼は怒られないと言ってました。ホッ。
しかし、私は、即決はせず、ポールの承諾を得る事にしました。

前回はあ○さんが一番安かったけど、今回は、サ○○でした。
あ○さんも、他の業者も、その値段ではできないっていっていたので、やっぱり 安いのかな~?
でも、知り合いのお母さん達は、”どうせトラック出るなら、他の荷物ものるだけ全部のせてもらわなきゃー”って言ってました。
まだツメがあまかったようです。

追加の段ボールと布テープが届いたので、
本・ビデオ・DVD・子供服を詰めました。

子供達の学校については、かなり悩みましたが、
我が家の家計事情から、公立校にしか行かせてあげれません。
ネットやポールの家族から学校の評判を聞き、
とりあえず、政府が留学生にオススメしている学校にしようかとなりました。
それと、その学校なら、小学校・中学校(TASは4年制)が同じ敷地内にあります。
小学校は、出来るなら、今週中にフォームを送ってくださいと言われていたので、
夜、ポールが、Sayの小学校のフォームを書き込み、送信しました。
Saraの学校は、現地に来てから、直接学校へ来てくださいとの事でした。
もし、Saraが、この学校の入学許可をもらえれば、
2人で登下校ができるので安心なんだけどなあ・・・。

でも、この学校、高級住宅地の側にあります。
今度は、家探しが大変になりそう・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。