SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life 2008年01月
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達テスト・検診

2008.01.25
23日に、市大病院で発達テストを受けました。
といっても、日常生活におけるエルの態度などについての質問。
例えば、
:階段をのぼることができますか?下れますか?
:どうやって、のぼりますか?同じ段で足を揃えますか?
:箸に興味がありますか?
:自分で食べようとしますか?
:自分のものと他人のもの区別ができますか?
:手の届かないところにあるものを、何か使って取ろうとしますか?
:お友達とおもちゃの取り合いになったとき、どうしますか?
:単語はどれくらい?二語文は?三語文は?
:丸は書けますか?(書けないと答えましたが、家に帰って試したら書けました。ありゃ?)
:色は何色くらい分かりますか?
;歌を歌えますか?
などなど。
改めて聞かれると、ウムッ?というような細かい質問の数々。

思わず、”先生、すみません。なにせ三人目ですので、一人目のように、
ちゃんと観察しておりません”と(笑)

それと、積み木のテストでした。

そして、今日25日に発達テストの結果と検診でした。
身長86cm、体重11.55kg、頭囲48cm 標準。
発達テストの結果は、指数102。100が標準なので、ほんのちょっとだけ標準より上(親ばか)

先生も、28週で1290gで生まれて、いろいろ心配な事はあったけど、
今のところ、順調ですよって。
先生が、”いつ帰国できるのかな?”と聞くので、
ニッコリ笑って、”お金持ちになっていれば、1年後です”って答えておきました。
でも、1年ごとに検診は受けていったほうが良いので、
一応、オーストラリアの先生あてに紹介状を書いておきますねって。

オーストラリアにも、日本のように検診制度ってあるのかな?


スポンサーサイト

沖縄旅行・その2

2008.01.21
3泊4日の旅を終え、ババ・Sara・Sayが帰ってきました。

旅の途中、何度もメールや写メールを送ってきてくれ、
とっても楽しんでる様子の3人。
ババが20数年前に訪れていた沖縄は、すっかり街になっていたそうです。
子供達は、海がきれいで、のんびりとした時間のながれている沖縄を気に入ったみたい。

3人とも、”よかったー、また行きたい!”って。

お留守番の私達は、いつもいるはずの子供達がいないので、
”寂しい”を連発してました。

沖縄旅行・その1

2008.01.18
今日から3泊4日で、実家の母・長女・長男で沖縄旅行。
本当は、家族みんなで行きたかったけど、
バスでの移動がかなりあったので、次男は無理と判断。
実家の父も仕事で無理。
というわけで、”ババと長女・長男の思い出旅行”となりました。

しかし、甘えん坊の長男は、旅行の2日前から、
”旅行って行かないといけないの?”
”今からキャンセルできる?”
”僕の代わりに誰か行ってくれないかなあ”など、気分↓。

そこで、私、”本当はポールも私もエルも行きたいけど、今回は行けれないの。
だから、私達の代わりに、色んなものを見たり、食べたりしてお話を聞かせてくれる?”と言ってみた。

当日の朝になって、ようやく行く気分になり、荷物も手際よく自分で詰めだした。
オッすごいぞ、Say!がんばれ。

空港まで送っていく途中、私のお腹の具合が悪い。
駐車場に着くなりトイレにダッシュ。セーフでした。

みんなと一緒に行けると思っていたエルがグズグズ。
”みんなは、学校に行くの”(学校または、会社なら毎朝送り出しているので納得する)
エルは、”あーちゃん(ババ)、Sara 、Say学校”と連呼しながら、
なんとか駐車場まで来れたが、車に乗るのを拒否。
泣き叫ぶエルを無理やり車に押し込み(まるで誘拐犯のようだ)、急いで空港を離れた。
途中、泣きつかれて眠っちゃいました。

この日は、忙しく、空港から、次はポールの用事で名古屋へ。
名古屋が済んだら、エルの小児科。

夕方、ようやくホッ。
ホッとしたのも束の間、夕方から発熱。朝の下痢といい、風邪かな。

しかし、そんな私にエルは容赦なし。
お姉ちゃんもお兄ちゃんもいないので退屈だったのか、いたずらの連発。
最後は怒られて泣きつかれ寝ちゃいました。

またねのご挨拶

2008.01.14
明日には、関東に引越してしまうみっちゃん一家に、
我が家から最後のご挨拶。
長居はダメ、涙我慢できなくなりそうだから・・・。

家族のために転職をして、新しい土地へ行くみっちゃん一家の門出なんだから、と
心で叫びながら、ニッコリして、”またね”って言えたよ。

でも、本当は、みっちゃん一家とのお別れは寂しい。

エルは、ころちゃんとおそろいの靴下を見て、”ころ、ころ”って言ってました。
次回会うときまで、ちゃんと覚えていてね。

日本を発つ前に会いに行くからね。



3家族旅行・その2

2008.01.13
港からの風が硝子に吹き付ける音で何度も目が覚めました。

朝ごはんは8時です。
みっちゃん一家は朝風呂済ませてました。早いなあ・・・。

今日も強い風と寒さに散策をあきらめ、本土に戻る事にしました。
まずは、定番”せんべいの里”・・・試食しまくり、最後はコーヒーをいただきました。
Saraを預かってくれたジジババにお土産のせんべいを買いました。

その後は、”鵜の池ファーム”で野菜の買出し。

”この後はどうしようか?”と相談してると、
Sayは、”もっと遊びたい”と。
そこで、東浦のアンティークでパンを購入し、再び我が家へ集合。
5時頃まで、また遊ぶ事ができました。

みんな疲れてただろうに、Sayが無理言ってごめんね。
でも、実は、私もみんなと別れがたかったので、
我が家に寄ってもらえたこと嬉しかった。

今回の旅行、高さん一家からの旅立つみっちゃん一家と我が家への餞別ということで
お世話になってしまいました。
本当にありがとう。楽しい思い出がまた1つ増えました。

こうして家族ぐるみで仲良くなれたのは、
あの時の長い入院生活のおかげです。
そして、あのときお腹にいた子供達は、みんな元気に成長しています。
いつまでも大切な幼なじみでいてね。

3家族旅行・その1

2008.01.12
年末に訪れた高さんのおうちで、
”みんなが旅立つ前に3家族で集まろう”と話していると、
高さんが、”旅行に行こう!”と提案。
第3子が生まれたばかりの高さん、引越を直後に控えたみっちゃん、
でも、大丈夫よという事で旅行計画実行。

1月の3連休ということもあり、宿を探すのは大変だったのに、
高さんの旦那様のお友達に頼んでくれ、日間賀島に行く事になりました。

ポールのバイトが前日にキャンセルになったので、
旅に出る前に、我が家へ全員集合して、まずはお昼ご飯。大人6人、子供6人。
Saraは連休明けに大事な学年末試験を控えてるため欠席。残念でした。
お昼ごはんは、みっちゃん一家が、
ブーフレカンテでおいしいパンを予約して買ってきてくれました。
ありがとう。

高さん一家、この日初めて我が家に来てくれました。

大人も子供も大興奮です。
いざ、日間賀へ!

3台の車が連なり、港を目指します。
先頭はポール。もちろん安全運転でね。
港に着くと、後ろを走ってきたみっちゃんの旦那さん、実は、ポールの超安全運転に
睡魔が襲ってきそうだったそうです(笑)

港からは、高さんの旦那さんが海上タクシーを手配してくれていたので、
5分で島に着いちゃいました。
荷物を置いて、島を散策するつもりだったのですが、
寒さに断念。とっとと切り上げ、今宵のために大人の飲み物購入。

夜ご飯は、伊勢海老さしみ・ふぐ刺し・ゆでだこ・鯛尾頭付きなどなど・・・ごちそうでした。
その後は、部屋にもどって、宴会スタート。
でも、高さん授乳中、みっちゃん妊娠中。いつものようには飲めなくて残念でした。
ハイテンションのSayはなかなか寝付けず、大人と同じように起きてました。
ころちゃんとエルはパジャマを脱ぎおむつ1枚で大はしゃぎ。
大人たちは、1時ころまで、おしゃべりで盛り上がりました。

最後にエンジンのかかった高さんの旦那さんは、みんなが部屋に戻った後、
ひとり廊下で、もう1杯。
”もっと早くに、こういう企画をすれば良かったー”って言ってくれました。
高さんの旦那さんも楽しんでくれたんだ、良かった。


久々の日記

2008.01.11
前回の日記から、かなり時間が経って、年も明けてしまいました。

冬休みは、恒例?の姪・甥のホームステイを受けてました。
離れて住んでいるので、普段は会えないから、
長い休みの時には、我が家に泊まりに来ます。
今回は2週間。
毎日7人分の洗濯と食事の支度、あっという間に過ぎました。
年末年始を挟んだ事もあり、実家でごちそうになった日もあったし、
子供達が成長し、自分のことを自分でできるようになったので、
旦那と”ずいぶん、楽になったよねー”って(笑)
姪と甥は、”今度は春休みね~”って帰って行きました。

今回驚いたのは、トイレットペーパー。
朝換えて、夕方にはなくなってます。
子供達、どうやって拭いてるんだろう?
トイレがつまらなくて良かった・・・。


今年は我が家にとって旅立ちの年になります。
来月には、ここを出て、実家に引越します。
そして、4月、タスマニアに移住します。

でも、引越作業は全然すすんでません。大丈夫なのだろうか・・・。
大丈夫、なんとかなるさ♪
自分に言い聞かせている・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。