SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life 2006年10月25日
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール入院

2006.10.25
今日から、ポールは親知らずを抜くために入院。
虫歯で、私が以前勤めていた歯科医院に通院していたが、
曲がって生えてる親知らずが邪魔をし、治療を進めることが
できない。抜歯するにも、神経のすぐ際に根っこがあり、
なおかつ、その根っこの先が曲がっているので、
口腔外科を紹介され、手術を受けることになった。

ポールは、注射も大嫌いな人。
今日が近づくにつれ、ナーバスになり、昨夜は、
眠れず、今朝は食欲もなく、朝から、気難しい。
”オーストラリアなら全身麻酔で抜歯するのに・・・”
とブツブツ。
だめもとで、先生に全身麻酔をお願いしたが、
”大丈夫ですよー”って笑い飛ばされ、でも、本人は
すごい緊張。血圧も上がってしまってる。
それに、当初の予定では、右下1本だったのだが、
左下も曲がって生えてるから、
ついでに抜いた方が言いと言われ、
結局2本抜くことになった。あらあらっ大変。

とりあえず、ポールと手術を受ける部屋まで一緒に行き、
”大丈夫、がんばって”と送り出した。

一時間後、手術を受けてる部屋の前で待っていると、
聞こえる聞こえる、中の様子が・・・。
待つこと30分、計1時間半。無事終了。
抜歯した歯をみせてもらったが、本当に2本とも
根っこが曲がっていました。
ポールの顔は、少し腫れ上がり痛々しい。 
でも、普段が痩せすぎの主人の顔は、
少し膨れた感じのがかわいかった。
明日、あさってになると、もっと腫れ上がるそうだ。
お大事に・・・。

術後の感想を看護士さんから聞かれ、
”先生は、とても上手ですね”だって。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。