SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life 2006年04月
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月のまとめ

2006.04.30
4月は、ポールの転職、両親との和解など、いろんなことがありました。

エルは、よくわかるようになり、
みんなの顔をみてはニッコリ微笑むようになったので、
ますますお姉ちゃんやお兄ちゃんは”かわいい”と連発。
産むべきかどうか悩んだ時期もあったが、
今は、よかったと言える。
妊娠中の長期入院中の私たちを支えてくれた家族や友達、
先生達、看護士さんたち、
そして、受け入れてくれた家族に感謝の気持ちでいっぱいである。
小さく生まれ、いくつかの大変な状態を乗り越え、
無事に成長しているエルにもありがとう、頑張ったねと言いたい。
これからも、家族みんなで仲良く楽しくやっていこうね。

*ハイ&ローチェアやベッドに寝かせられると泣き、
抱っこすると泣き止む。
哺乳瓶の乳首を嫌がり、果汁などもスポイドやスプーンから
飲んでいる。
スポンサーサイト

爺の抱っこ

2006.04.30
今日は、爺、婆、我が家で廻る寿司へ。
爺たちは一足先に寿司屋へ。
爺は私たちを店先で待ってくれていた。
席に着くと、爺は早速、”オッ、貸せ"とエルを抱き、
”名前は何だったっけ?ちっとも来んから名前忘れたぞ。
もっと連れて来い!"と・・・。
しかし、1週間前に会ったはずだが。
抱いたままでは食べにくそうなので、
みんなが代わろうかとたずねても、結局、最後まで抱っこのまま。
爺、明日、体痛くならないといいね。
ありがとう。

BBQ

2006.04.29
みっちゃん一家と我が家の庭でBBQ。
今シーズン用に買ったステンレスBBQセットのデビュー。
(しかし、使用中、鉄板は曲がってしまった。
どうなるかと思ったけど、冷めたら戻ってました)
前日にエルと私で買出しに行ったが、
”GWはBBQとかGWは焼肉”とかって広告のおかげで、
肉がいつもより高い。
そこで、スライスではなくブロック肉で買うことにした。
とりあえず、牛、豚、鳥と2キロ分を買ったが、
足りないかもしれないと、ポールが帰ってきてから、
また買い物に行き、プラス1キロ。
ウインナー、野菜、焼きそばなど準備。もちろんアルコール。
大人4人中人1人子供1人赤ちゃん2人足りるだろうか?
足りました。ホッ。

BBQを楽しんだ後は、エクササイズを兼ね、
みっちゃんの旦那様YY君、ポール、Sayは
近くの学校へサッカー
その後、今度は公園へ野球をしに行った。
Sayの元気さに大人はすっかり疲れきってしまいました。
”大人のみなさん、スミマセン”
みっちゃん、コロちゃん、Hana,エルはお留守番。
その後は、子供達がゲームを持ち出し、
みっちゃん一家と盛り上がりました。

みっちゃん一家は、とても楽しい一家です。
子供好きなYY君にすっかりShyなSayもなついていました。
ポールもYY君はすごく子供と上手に遊ぶなあと感心してました。
Saraは、次の日、”ママもみっちゃんみたいなママになって!”と
いっていました。



う、うんち

2006.04.26
最近、エルは側に誰かいないと、あー、うーと呼び、泣き始める。
その上、ただ側にいるだけではダメなのである。
今までは、ハイ&ローチェアで寝ていたが、
この頃は、暖かい日はベビーベッドに寝かせる時も。
オッパイを飲み終え、チェアに置こうとすると、
”う、う、う~、うえーん”。抱っこ星人に変身。

風呂上りに、ポールが抱いていると、”ブー”。
”Oh my god! Poo ・・・I can't move.Help me!"
ウヒェー、ウンチ君がはみ出し、エルの服、
ポールの服や指にべッチョリ。
生まれて初めてのはみ出しウンチであった。
エルは再び風呂へ。ポールは服を洗濯に・・・。

普段のウンチの時も、ポールは”I need your help"と私を呼ぶが、
今回のはみ出し事件には、かなり驚いていたようだ。

でも、不思議である。
我が子のウンチやおしっこは、汚いと感じたことはない。
手についても平気。

家庭訪問

2006.04.25
学年が変わり、授業参観を終え、本日、家庭訪問である。

娘は、しっかり者で今までも保護者会など、
先生から何か言われるなどと全く心配したことはない。
息子は、姉とは違い、しっかり者というよりは、ポワ~ン(優しい)
タイプである。

さて、きょうは何と言われるのかなあ・・・。

まず、Saraの担任。おじさま先生である。
”勉強は心配ないですねえ・・・。何でも来いって感じに見えるけど、精神的にもろい部分があるようですね。
(昨年、クラスで色々あり、何度か学校を休んだことがあったから)”
 続いて、Sayの担任。しっかりしてそうな、
でも、ぬけてる感じの普通の主婦タイプ。
”とてもおりこうさんです。優しいのがよくわかります。
控えめな感じ。”
あーまったく、息子が女の子だったらとしばしば思う私である。
2人とも、おりこうさんのようで、特に話すこともなく、
5分もかからず終わってしまった。


復活

2006.04.24
先週水曜日から高熱。熱が」下がってもまた上がるの繰り返し。
ようやく、平熱に戻り、今日から学校へ行けた。
というか、朝はまだ頭が痛いと言っていたが、
学力テストがあるため、とりあえず行かせた。

連絡帳には、念のため、先生に一言書いておいた。


アウトレット初体験

2006.04.22
レゴショップを検索すると、
土岐プレミアムにレゴショップがあるとあった。
Sayの欲しがってるレゴをさがしに、高速カットビ!
我が一家、アウトレットモールは初体験。
ポールは、なんかオーストラリアのモールを思い出させるなあ・・と。
一軒一軒ベビーカーを押しながら見てまわった。

優しい息子2

2006.04.21
あ~息子とはなんと優しい者ぞ。
朝食時、私がパンを一口食べた後むせていると、
ニコニコと微笑みながら、Sayがお茶をくんでくれた。
”どうぞ”。
うーなんと優しいのだ。
こんなに優しい息子を持ったことに感謝である。
しかし、優しい男にはキツイ嫁つくと聞いたことがある。
あ゛-将来のことは考えないことにしよう。

Sayの熱は、昨夜の大汗で一旦下がったものの、朝一の下痢。
そして、午後からはまた38度台の熱と咳。
友人が”プール熱”が流行っているとの新聞記事をメールで
知らせてくれた。
彼は、風邪?それともプール熱?

ついに

2006.04.19
Sayが朝、身支度を終えると、”お腹が痛い・・・。
昨日の夜は、のども痛かったし、眠れなかった”と。
どれどれ(._.)?なんだか体が温かいぞ。
うわぁ、37.5度。学校は休ませることにした。
子供って、熱はあっても、元気である。
ビデオを見たり、レゴのナイトシリーズで遊んでいた。
(最近これにはまっている)
”もう熱ないみたい”。しかし、38.7度になっていた。
慌てて小児科に連れて行こうとしたが、水曜の午後は小児科は休み。
仕方なく、内科へ。
病院へ行く車の中から、Sayは元気がなくなってきた。
"風邪ですね。インフルエンザはもう流行ってませんから違いますよ。”だそうだ。
なんとか夜ご飯を食べ、薬を飲めた。
でも、寝る前には39.1度まで上がっていた。心配だ。

エルは、離乳食のおもゆを始めました。(今までは果汁のみ)
ドロッとした感じだとまだ上手く飲み込めず、
シャビシャビ(ミルク並み)にしてあげてみたら、喜んで食べました。

*きょう、ついにエルのオーストラリアパスポートが届いたよ。
思わず、写真を撮ってしまった。
次は、日本のパスポート申請に行かなくてわ。

長老会・気のきく息子

2006.04.17
妊娠中、同じ部屋で過ごした長期入院仲間3人子供4人で集合。
パン好きな私たちは、ランチにパンを買っていこうと思い、
まずは、ブーフレカンテへ。休み。
続いて、ポンシェへ。また休み。
南の麦へ。またまた休み。
結局、SAPOREの中のベーカリーで買いました。

みんな、すっかりママの顔。
久しぶりの再会にたくさん話したいことがあるのに、
4人の子供達は代わる代わる泣き、
私はSayが3時に帰ってくるのに合わせて、
早く帰らなきゃならないし(万が一を考え、
息子には鍵を持たせておいた)、ゆっくり話ができませんでした。
とりあえず、子供達4人を並べ、写真を撮ってきました。
すごくかわいい写真が撮れたよ。
みんな順調に育っていてくれて、嬉しかったぁ。
もちろん、エルは、一番チビッコ。
みんなは7.8~8キロくらいあります。エルは5.6キロ。

3時に間に合うように、急いで家へ。
ホ~、間に合ったと思いながら、鍵を開けようと、ふと庭を見ると、
干してあったはずの洗濯物がない。まさかっ?
ありゃー、Sayがいるではないか。
しかも、洗濯物は全てきれいに畳んであった。
息子いわく、帰ってきたら誰もいなかったけど、
洗濯物がそのままだったので、取り込んで畳んでくれたそうだ。
本当に、よく気がつくというか・・・素晴らしい。
この子が女の子だったらと考えたのは言うまでもない。



テーマ : 大学生日記
ジャンル : 日記

ちょっと早いプレゼント

2006.04.16
来月はSayの誕生日。
レゴにはまっている息子は、
もちろんレゴのナイトシリーズをリクエスト。
少し早いが、おもちゃ屋さんへ見に行ってみた。
まずは、1つ、すぐに決まり、購入。
お目当ての城は、そこにはなかったので、次の店へ。
だが、残念。ここにも無かった。
また、日を改め、違う店に行くことにした。

一緒に出かけたSaraに”英語漬け”を購入。

家に帰り、早速、Saraと私が挑戦。
結構、真剣になってしまった。
というか、私はDSの昨日にすっかり感動してしまった。

優しい息子1

2006.04.15
そろそろ野菜作りの準備を始めなくては・・・と、
我が家に作ってある小さな畑(去年は、プチトマト、ナス、きゅうり、オクラ、パセリを作った)の土にけいふんをまき、
耕していると、Sayが見に来た。
突然、ポツポツとが降り出した。
息子は、”ひらめいた!”と言って家に中へ。
すると、傘を持った息子が・・・。
そして、そっと私の上に傘を差し出し、
”もう、これで濡れないよ”と。
あー、こんなに優しくていいのだろうか?

テーマ : 高校生日記
ジャンル : 日記

緊張

2006.04.14
咳も鼻水もおさまってきたので、今朝から、エルの薬をやめてみた。

10時、久々の保健士さんの訪問である。
エルは、寝起きのせいなのか、人見知りなのか、表情がかたい。
体重は、ゲッ、薬で戻していたためか、
5600グラム。先月末と同じであった。
保健士さんは、今まで順調に増えてたので、
また、増えてくから大丈夫と言ってくれた。
夜中の授乳も、先月、病院の未熟児検診では、
止めるように言われたが、
保健士さんは、続けて良いとのこと。
しかし、夜中も1回ならいいが、2~3回になると、私の体がえらい。

他にも、手、足の動き、うつぶせできるか、
物を目で追うか、音がする方をむくかなど、いろいろチェックされた。
しかし、エル、ニコリともしない。
しまいには、保健士さんから”あやすと笑いますか?”
って聞かれてしまったよ。
いつもは、目が合うだけでニコニコなのに・・・。
やっぱり、緊張?




薬2

2006.04.13
薬を変えてもらったが、やはり、吐く。
よほどマズイのか?
飲ませないと治らないし、でも、飲ませると吐くし・・・。
困った

2006.04.12
エルは、相変わらず、薬を飲ませると吐く。
機嫌もよく、オッパイの飲みも普段と変わらない。

朝、近所の小児科へ。今日は代診の先生。
先生に薬が合わないのかと尋ねると、
”もし、薬があわない場合は、
飲んで、しばらくしてから吐きます。
飲んでる最中や飲んですぐって言うのは、
合わないわけじゃありません。”だって。
とりあえず、抗生剤を元のものに戻してもらった。

パスポート申請2・Ipod事件

2006.04.10
申請書類、サイン、写真、準備完了。

さあ!と思ったら、薬を飲んだエルは、玄関先でゲロッピ。ウヒョー

でも、吐いた後はスッキリしたのか、平気な顔をしている。
申請を延期しようか考えたが、大丈夫そうなので
エルと2人で申請に・・・。

どこも渋滞はなく、すんなり到着。
車中で一息つき、いざ領事館へ。
ホッ、今回は受け付けてもらえた。
あとは、領事館から保証人の先生のもとに確認の電話をし、
何も問題なければ、2週間程で郵送されてくるそうだ。

エルは、オッパイも普段と変わらず飲むし、機嫌も良い。
でも、薬がダメなようで、飲むと吐く。
今日も小児科へ。
胸の音は落ち着いてる。良かった。
 
夜、仕事を終えたポールが帰宅すると、ニコニコしながら、
何かをダイニングテーブルの上に置いた。
そして、嬉しそうに中からIpodを取り出した。
エッ、開いた口がふさがらない。
確かに、今朝、彼のMDが壊れたから、
Ipod(ポールはずっと欲しがっていた)を買ってもいいといったが、
何も言わず、そんな高価なものを、
会社帰りに買ってくることはないでしょ!プチッ!
しばらく、口を聞かないことにした。
せめて一言、”今日買ってくるから”と
言ってくれればよかったのに・・・。

夜は、Sayが初めて、私の体を洗ってくれました。
ママがボケた時には、よろしく

ドライブ

2006.04.09
今日は、エルが生まれてから初めての一家でドライブ。
おにぎりを作って、いざ!
行き先は、琵琶湖。

大丈夫?

2006.04.08
エルは、機嫌もよく、オッパイの飲みもいつもと変わらない。

でも、今日も朝から小児科を受診。
相変わらず、熱はなし。鼻づまりと咳。
胸の音も昨日よりおさまっている。ふー・・・。

薬がダメなのか、飲んでる最中にゲロッピ。
もしくは、飲用後すぐにゲロッピ。
ゲロを吐いた後は、すっきりするのか、またオッパイを欲しがり飲む。
食欲もあり、機嫌もよいなら、大丈夫かな。

あ~忙しい

2006.04.07
SaraとSayは今日から新学年のスタート。慌しい朝の始まりだ。
上の子達が出かけた後、すぐに私とエルは急いで身支度をし、
昨日もらえなかったパスポートのサインをもらいに出かけた。
いつもは混んでる道中も今日はわりとスムーズに行けたが、
やっぱり駐車場は並んでいる。
小児科も混んでいたが、サインだけのため、受付の人の配慮で
少し待つだけですんだ。
しかし、ポールの証人のサインももらいなおさなければならない。
よしっ、私の入院時にお世話になった看護士さんにお願いしよう、ポールはよくお見舞いに来てくれていたので、
看護士さんたちも彼を知っている。
早速、病棟へ。若い看護士さんにお願いしていたところ、
ベテラン登場。
”こういうことは、やはり一番偉い人にお願いした方が・・・”
と彼女は上司をたてた。
しかし、この上司、悪い人ではないが、キャラの強いことで有名。
この上司、Sayの誕生時の助産士さんである。
そして、今回、エルの時は、”私が行きます"といって、
後輩の担当だったにもかかわらず、手術時に立ち会ってくれたのだ。
うーむ、これも縁?
とりあえず、彼女の承諾を得て、サインをしてもらった。感謝。

エルは、熱は下がったが、相変わらず、鼻づまりと咳。
午後一番で近所の小児科へ連れて行った。
ヒューヒューいい出してるではないか!
結局、X-RAY,点滴、吸入をすることに。ゴメン、エル。
”お母さん、肺はきれいですから大丈夫ですが・・・、
腸にかなりガスがたまってますねえ”
レントゲン写真をみせてもらったら、
本当にプクプクとシャボン玉(ガス玉)の列が・・・。
この日は吸入器を貸してもらい、家へ。」

パスポート申請 1回目

2006.04.06
今日もまだ、熱があるが、
パスポート申請のために予約してあった領事館へポール、HANA 、エルで出かけた。
なぜ領事館?
エルはオージーとのハーフ(ポールがオーストラリア国籍を取得してるから)だからである。厳密の言うと、チェコ人とのハーフ。
少し早めに着いたので車の中で待つことにした。
日本のと違い、エルの保証人(医者、弁護士など特定の職業の人に
限られる)、両親の保証人(これは18歳以上なら誰でもいいらしい。
しかし、身内はダメ。)などがいる。戸籍謄本は原本と翻訳。
国籍取得の証明書。
写真にも保証人のサインがいるのだ。
準備万端。いざ!
ガーン
エルの保証人のサインが統一されていないとの指摘。
ローマ字、漢字、漢字を○で囲んだもの。
”これでは受け付けられません。
もう一度サインをもらって来て下さい”だって。とほほ・・・。
その足で、病院へ向かい先生を訪ねると、先生は14時過ぎしか戻りませんので、明朝お越し下さいだって。ガーン。

午後は、調子の悪いエルと
花粉症も始まったサラを一緒に近所の小児科へ連れて行った。

発熱

2006.04.05
夕方、エルを抱くと、いつもより温かい。
急いで、熱を測ってみると37.8度。
機嫌もよく、オッパイもいつも通り飲んでいる。
しかし、気になるので30分おきぐらいに体温チェック。
咳も出始めた。Oh no!
よりによって、ポールは同僚とピザパーティー。
連絡をすれば、せっかくのパーティーを台無しにしてしまうし・・・。
しかし、エルの熱は上がっていく。38.1度。
熱も心配だが、咳も心配。
SAYが6ヶ月の時に急性気管支炎になり、
1週間入院したことがあるからだ。
それに、甥っ子は、風邪をこじらせ、
菌が肺の毛細血管の先までいってしまい、
妹と私(本当は妹の旦那が付き添うのだが遠距離のため、
話の時に間に合わなかった)は先生から個室に呼ばれ、
”今夜がやまです。”と宣告されたのだ。

心配

2006.04.04
今日はエルの耳鼻科の検診。NICUにいる時も、
聴力に問題があるかもといわれていた。
今は、音に反応する脳波を調べ、
耳がちゃんときこえているかどうか分かるのだ。すごい。
もう一つは、昔ながらの方法。
28W超未熟児で生まれたエルの体にはいろんな部分が
未発達だったので、経過を診ていきましょうとのことだった。
家にいる時も、大きな音に反応しない。
掃除機も姉兄達の大きな声も驚かない。
肝が据わっているだけならいいが・・・。
2回目の検査も問題あり。
でも、多分、補聴器をつけるほどではないらしいが・・・。
そして、3回目の検査も一つの検査は前回よりは良くなっているが、
脳波の反応は無い。ガーン。
思わず、先生に”それって脳に異常があるということですか?”って
聞いてしまった。先生は笑いながら、"違いますよ”と言ってくれた。
ホッ。
でも、”ここで出来る検査はここまでですので、
万が一、聞こえなかった時の事を考え、
言語聴覚士のいる設備の整った病院を紹介します”って。
もし聞こえなかった場合、
1歳前にトレーニングを始めなくてはならないそうだ。
というわけで、紹介された病院へ早速、予約の電話をいれてみた。
なななんと!一番早く取れるのが、1ヵ月半先。心配。

もう一つの心配は、ママコン(SAY本人がそういっている) SAYが妹宅へ泊まりに出かけたが、ちゃんと泊まれるのだろうか?
今朝まで何度聞いても、”泊まりに行かない”と
言っていたにもかかわらず、姪っ子、甥っ子を婆と
新幹線で送り届けることになった。
SAYがいないことで我が家はとても寂しいぞぉ。
妹いわく、”なんだママコンにSAYコンか!”だそうだ。


男の子

2006.04.02
今日は、姪っ子、甥っ子、我が家全員で本屋に行った。
そこの本屋はゲームやDVDなども置いてある。
それぞれが、自分の興味のあるコーナーへ。
私は子供達のことを時折チェックしながら、店内をウロウロ。
すると、甥っ子が何やらDVDを握り締めている。
”お店のものだから持ってきてはダメ。戻してらっしゃい!”
と言いながら、何気にDVDを見てみた。
なんと!握り締めていたのは、”××さゆり”のタイトル。
ギョェー、おおきなオッパイの水着のお姉さんもの。
甥っ子は、DVDを棚に戻したものの、気になるらしい。
その場を離れらず、じーっと見つめている。
しかも、裏側の写真を気に入っていたのか、一生懸命首をかしげ、
見ようとしているではないか・・・。
娘のサラと甥っ子の行動を爆笑してしまった。
家にかえってからも、甥っ子は、ジュースもお茶もいらないから、
hanaのオッパイ飲みた~い!といっていた。
早速、甥っ子の母(私の妹)に今日の出来事を伝えると、
妹は、”ゲー、4歳にして目覚めるとは早過ぎる!気持悪い。
そっちで、引き取って、そのまま育ててくれ。”といっていた。
うーむ、男の子は、生まれながらにオッパイが好きなのか?

4月

2006.04.01
今日は、両親が、姪っ子、甥っ子、私達一家を食事に招いてくれた。
両親との外出は、私の入院以来、約8ヶ月ぶりである。
食事中、両親は私に代わり、エルを抱いていてくれた。
母は、この時初めてエルを抱いた。
そして、今日の食事会はポールの転職祝いだと言ってくれた。
長く続いていた両親と私達夫婦のわだかまりが春の風とともに、
解け始めた。(なんちゃって、ちょっとかっこつけてみたりして)

テーマ : (*^_^*)うれしぃ
ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。