SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life エル
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル・新聞に載る

2009.02.27
遉シ諱ゥ・・譁ー閨枩convert_20090227114833

学校を終え次男をチャイルドケアに迎えに行き、
いつも通りシティを抜けバス停に向かっていると・・・。

”○○新聞のカメラマンですが、写真を撮らせてもらえませんか?”と
声をかけられた。
一度は断ったものの、傘をさし長靴をはいた息子の姿をぜひ撮りたいと言われ承諾。あれこれ注文されるけど、相手は子供。
注文どおりには動いてくれません(笑)
何枚か写真を撮り、名前と年齢を聞かれました。
カメラマンが去った後もしばし水たまり遊びは続きました。

次の朝、新聞を見ると、
久しぶりに降った大雨の記事の欄に
息子が水たまりで遊ぶ姿が”○○○,3,explores a puddle in Hobart"と白黒の小さな写真で載ってました。

ここでは雨が降っていても傘をさす人はほとんどいません。
家を出る時にすでに雨が降っていても傘もささず出かけて行きます。
洗濯物だって雨が降っても慌てて取り込んだりしませんよ。
なぜ?って・・・”濡れても乾くから大丈夫”だからだそうです。
だから息子の傘に長靴という姿は珍しかったのかも(笑)
スポンサーサイト

ついに・・・

2008.04.11

ついに、この日がやってきました。
今夜、出国です。

とにかく我が家は最後までバタバタ。
今日も銀行・最後のごみ捨てなどなど。

昨日は薬局で買い物をしてると、
車で待ってたはずの長男・次男が店内に。
”鍵かっておいたからねー”ガビーン・・・。
インロックしました(涙)JAFを呼び約1万円の出費。

荷物は、どんどん増え、追加予約で80キロ分。(8万円なり)
しかし、当日、もっと増えそうです。
もちろん、これだけの荷物と人間、我が家の車に載りません。
急遽、レンタカーを予約。

ほんとどうなることやら(笑)

次回は、タスマニアからの日記になります。
日本でお世話になったみなさん、
本当にありがとうございました。
遠く離れても、ずっと友達ですよ。よろしくね。

落ちたー

2008.03.10
今日も朝から荷造り。
なかなか出かけられず、エルは、ほとんど毎日家の中ばかり。
エネルギーが有り余ってるから、イタズラばっかりして、毎日怒られています。

実家に越してきてからというもの、
目新しいものがたくさんあるから興味津々。
今まで開けれなかった窓の鍵やドアも開けれるようになっていました。
一番興味があるのは、階段。
最初は慎重に上り下りしていたけど、少し慣れてきていました。
やっぱり、落ちてしまいました。

私が2階にいて、荷物を持ってこれから下に下りようとしていると、
”待っててねー。待っててねー”とエルの声が階下から聞こえてきました。
そのとたん、ドンドンドン。
私はすぐに抱えていた大きな箱を置き、
階下にいたSaraもおばあちゃんも大慌てで駆けつけエルを抱きかかえると、
最初は声が出せず、どうかなってしまったかと心配しました。
しばらくしてウギャーと泣き始めたので、ほんの少しホッ。
でも、Saraの手には血が・・・。
エルの後頭部は1センチ少しですがパックリ切れてました。
すぐに、いつもの小児科に電話をしましたが先生不在。
子供病院も今日は休みで無理。
隣の市の総合病院に救急でかかりましたが、待つこと2時間近く。
レントゲンは問題なかったのですが、傷口が開いているので、縫うことになりました。
疲れてエルは寝てしまい、そのまま手術室へ。
”お母さん、エルくんの上に馬乗りになって押さえてください”
救急なので、人手がないから仕方ないのでしょう、ごめんねエル。
髪の毛をバリカンで刈られても爆睡。
しかし、局所麻酔で目が覚め、私の名前を何度も呼んでました。
本当にごめんね、エル。
3針目は泣かずに頑張り、先生や看護士さんに
”ありがとー”って言っていましたが、
痛々しい限りです。

翌日、診察で、1週間後に抜糸予定です。

エルの耳

2008.03.04
移住前に、もう1度、エルの聞こえの検査をする予定でしたが、
1月に電話を入れたときには、すでに5月末まで予約でいっぱいとのこと。
とりあえず、両耳にいれてあるチューブの確認と経過と今後のフォローについて紹介状を
お願いしに、こども病院に行ってきました。

エルは、病院に着く直前でお昼寝。
検査の途中までグーグーといびきをかいていました。
先生いわく、”チューブもきれいにおさまってるし、言葉もでてきているので、
今後も、このまま定期健診を受けて、3歳くらいに一度聞こえの検査を受けてみてください”

オーストラリアで、どのくらいのケアや検査があるのか分かりませんが、
早く良い先生を見つけなくては・・・。

発達テスト・検診

2008.01.25
23日に、市大病院で発達テストを受けました。
といっても、日常生活におけるエルの態度などについての質問。
例えば、
:階段をのぼることができますか?下れますか?
:どうやって、のぼりますか?同じ段で足を揃えますか?
:箸に興味がありますか?
:自分で食べようとしますか?
:自分のものと他人のもの区別ができますか?
:手の届かないところにあるものを、何か使って取ろうとしますか?
:お友達とおもちゃの取り合いになったとき、どうしますか?
:単語はどれくらい?二語文は?三語文は?
:丸は書けますか?(書けないと答えましたが、家に帰って試したら書けました。ありゃ?)
:色は何色くらい分かりますか?
;歌を歌えますか?
などなど。
改めて聞かれると、ウムッ?というような細かい質問の数々。

思わず、”先生、すみません。なにせ三人目ですので、一人目のように、
ちゃんと観察しておりません”と(笑)

それと、積み木のテストでした。

そして、今日25日に発達テストの結果と検診でした。
身長86cm、体重11.55kg、頭囲48cm 標準。
発達テストの結果は、指数102。100が標準なので、ほんのちょっとだけ標準より上(親ばか)

先生も、28週で1290gで生まれて、いろいろ心配な事はあったけど、
今のところ、順調ですよって。
先生が、”いつ帰国できるのかな?”と聞くので、
ニッコリ笑って、”お金持ちになっていれば、1年後です”って答えておきました。
でも、1年ごとに検診は受けていったほうが良いので、
一応、オーストラリアの先生あてに紹介状を書いておきますねって。

オーストラリアにも、日本のように検診制度ってあるのかな?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。