SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life オーストラリア生活
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーニーアイランド

2009.09.11
IMG_2108_convert_20090914185832.jpg

IMG_2111_convert_20090914185940.jpg

IMG_2132_convert_20090914190031.jpg


タスマニアでは2学期が終わり春休み中。
旦那と私の休みがようやく合ったので、家族4人で旦那と私の思い出の島・ブルーニーアイランドに行ってきました。(長女は先約があり行けれませんでした)

お天気が良かったので、弁当、おやつ、水着、釣具を持って出発。
途中の八百屋さんでりんごとバナナ、ドライフルーツを買いフェリー乗り場へGo。
車ごとフェリーに乗り、約9キロ離れた島に渡ります。

島は以前に比べると家が増えていたし、大きなスモーク料理のレストランもできてました。でも、道路は舗装してあるところとしてないところと半々くらいかな。

まずは、2つの島がつながっているのが見える丘(山というには低すぎる)へ。この日は風が強かったから、外海は波立ち、内海は静か。
この丘の周辺はペンギンツアーにも入ってるところ。
巣穴があちこちにあります。
昼間なのでペンギンは見れなかったけど、足跡発見できました。

以前クラスメイト達と泊まったキャラバンパークは規模が大きくなり、きれいになってました。実は、このときが私の人生初のキャラバンパーク泊まりで、トイレもシャワーも離れた小屋にあったし、ぼろいキャラバンで
お金を払ってまでなんでこんなところに泊まらなきゃいけないのって泣きそうになったことを思い出します(笑)

島にある国定公園内の一番古い灯台1836年製(現在はもう使われてません)を見に行く途中でハリネズミ発見。

水平線を見て、ちょっと日本が恋しくなっちゃった。

結局、途中から曇ってきたり、風も強かったし、水は冷たかったので水着も釣具も使えませんでした。

でも、今回のドライブは、タスマニアという自然豊かなところで暮らしてることをあらためて感じたなあ。


スポンサーサイト

結露

2009.07.10
IMG_1964_convert_20090710124245.jpg
IMG_1975_convert_20090710124427.jpg


タスは日に日に寒くなってきています。
と言っても、平均1~12,3度なので温度的には日本の冬に比べればそれほど寒くないんだけど、なにせ冷たい雨と強い風でとても寒く感じます。

今回の借家は暖炉があるので24時間体制で火をつけているので
リビングとキッチンは暖かい。暖炉の火ってなぜかロマンチックなのよね。それに日当たりもいいから幸せです。

しかし、これには落とし穴が・・・。
タスマニア事態が湿気が多いようなんだけど、
とくに我が家の辺りは昼間の日当たりが良く、
前は海につながる大きな川、後ろは山。
そのおかげでものすごい結露です。
前の家も同じエリア。確かに寒くなると同時に結露に悩まされました。
不動産屋さんいわく、”あのエリアは昼と夜との温度差が激しいからねえ。それが結露の原因の1つになってるんだよ”って。
それと家が古く断熱材とかも使ってないのも原因のようで、
毎日、窓ガラスはベトベト(写真:窓の外でなく内側が濡れてるんですよ)。木製の窓枠には水溜り。壁も霧吹きで水をかけたみたいに濡れてます。
雨が続くと湿気でドアや窓が開かなくなります。
前の家よりひどい状態です。

毎日窓拭きしてるけど、それでも壁際に置いてあった家具の裏にはカビがはえてくるし、もちろんカーテンや窓枠も。
拭き掃除に加えて、時々カビキラーと歯ブラシを使って念入りに掃除もしています。

そして、ついに除湿機も購入しました。
娘と私達の部屋は半日足らずでそれぞれ1.5リットル、
息子の部屋は1リットル弱の水が毎日取れます。
にもかかわらず、窓は毎日濡れてます。おそろしい・・・。

そう言えば、入居前にカーテンにすでにカビがはえていたのでクリーニングに出さないのか不動産屋さんに聞いた覚えがあります。
答えはもちろん ”出しません”でした。
今回の結露で納得です。

春・夏住むには最高のところだけど、秋、とくに冬は違うところに引っ越したい。

2009.05.23
20日、お料理好き、思いやりがあって優しくてお人好しで争いごとが嫌い、日本語の勉強大嫌いの長男11歳になりました。

ジェダ(チェコ語でおじいさん)とバビチカ(チェコ語でおばあさん)から自転車をもらいました。日本のジジとババからはかっこいいスニーカーが日本から届きました。
私達からはMP3プレイヤーとゲームソフト(これはダディが内緒で購入)。
巻き寿司とおいなりさんが食べたいとのリクエストに応え日本食でお祝い。ケーキはマーブルケーキを焼きました。

そして、22日。
旦那が無事卒業し、
移住後5ヶ月目から始まった8ヶ月に及ぶ別居生活を終え帰宅しました。
夜は夫婦同伴のディナーパーティーがあり、宴は夜中まで。
こちらに来て初めてのディナーパーティーということもあり、
何を着ていけばいいのか、お友達に相談にのってもらいました。
結局、旦那は黒のスーツに渋めのオレンジ色のシャツ、
私は背中の開いた黒のフィットタイプのロングドレスに黒の羽毛のショールで参加。
若い人たちは、男の子はスーツ。
女の子は大きく胸元の開いたミニドレス。
タスマニアはメインランドに比べると地味だそうです。
踊っていると胸があふれ出しそうで、ハラハラ。

スピーチあり、ビデオ鑑賞あり、
後半はお酒も入り大盛り上がり。
クラブ状態でDJの音楽にあわせてノリノリ。
もちろん、私達も踊りましたよ。
子供達が待っているので2次会には参加しなかったけど、
帰り道、旦那と”たまには、ああして踊るのもいいねー”
”今度はいつ行く?”って盛り上がりました(笑)

月曜からいよいよ仕事が始まります。
妻としてちゃんとサポートしていかないとね。

そういいながら、実は今日ケンカしました。
ごめんなさい。

移住1周年

2009.04.12
4月12日、タスマニア移住”1周年”を迎えました。
いろんなことがたくさんあったけど、
あっという間だったねというのが家族全員の感想。

1周年の我が家の近況は、


旦那:移住して5ヶ月で寮生活を始めたけど、
   残すところ、あと1ヶ月となりました。
   最近は追い込みの勉強とテスト漬けです。

私:父ちゃんの留守を守らなきゃいけないので
  日に日にたくましくなってきています。
  ベーカリーコースを終えたけど、職にはありつけそうにないので
  また、しばらく英語学校に戻ります。

長女:カレッジ進学後、たくさんの新しい友達ができ、バンドを組んで
   エレキベース担当。青春してます。
   ホームシックも少し落ち着いてるみたい。

長男:最初からオージーでしたがますますオージー化。
   英語の上達が一番早かった。
   日本でもオーストラリアでも彼のお人好しさは同じまま。
   この子が女の子だったらと思うこともしばしば。

次男:泣き虫だけど、おちょけんぼう。
   見た目はミックス顔なのに日本語しか話せなかった彼ですが、
   私のベーカリーコースのため、
   週5日朝から夕方までチャイルドケアにいたので、
   この1ヶ月で一気に英語力がつきました。
   
さあ、2年目。
まだまだ突っ走るぞー!

車・その2

2009.01.08
今朝、信頼できるメカニックさんに車を点検してもらいました。
走行距離・約63000キロなのを見て、
笑いながら”おー、新車だね”だって。
うーん、確かにタスマニアでは新古車の部類なのかも(笑)

エンジンなど点検して、テストドライブもして、一言。

”大丈夫。いい買い物をしたね”

ホッした顔をしてる私達に、

”君達が聞きたかったのは、この一言だったでしょ?”って
ニッコリ微笑んでくれました。

そうです、そのとおり、その一言を待ってました。
土曜日にタイヤを2本付け替えたら完璧!

メカニックさんの工場を引越して、
我が家から30分くらいのところになりました。
ケンブリッジというところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。