SNS 現在の閲覧者数: Wonderful life ビザ申請・移住関係
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無犯罪証明 ポール用

2008.03.11
今朝は、私はエルを総合病院に連れて行きました。
朝9時半に受付をして、12番が取れたのに、待てども全然呼ばれません。
すると、本来なら3人の脳神経外科の先生が診察をしていらっしゃるのに、
今朝は、1人は緊急手術、もう一人は入院患者さんの緊急事態で、たった一人の先生で
外来を担当されてたようで激混み。
ようやく呼ばれたときには12時廻ってました。
診察は、ほんの数分、抜糸の予約を入れておしまい。

その後は、車の件で自動車屋へ寄って、家路に。

というわけで、ポールは一人で県警本部に無犯罪証明の申請に出かけました。
必要な書類等は前回確認していたので、一人でも大丈夫といって出かけたが、
県警に着くと、
どうやら警察庁の発給対象になっておらず、
本日は受け付けてもらえなかったとか。
県警の方の説明を受けて外務省に自分で連絡をしたのだが、
どうやら担当官とのやりとりがいまいちうまくいかず、
きちんと通じていたのか確認して欲しいというメールが入った。

うちに着くなり、県警本部や外務省に連絡を取ったが、
ポールの場合は、就職先の件が発給対象になっていないので、
まず、警察庁にさまざまな書類を揃えて、こうこうこういう理由で証明書が必要なので、
特別発給をしていただきたいと申請し、許可がおりたら、
再び県警本部へ出向き、申請という形になるらしい。
3月中には発給していただきたいと申し出ておいたが、
まずは、オーストラリアの就職先と連絡を取って、書類を揃えねばならず、
間に合うか心配。
早速、夜、ポールはメールを送っていたが、すぐに動いてもらえるのかなあ・・・。
オーストラリアだしなあ・・・。
スポンサーサイト

移住用の買い物

2008.03.09
引越し業者http://www.shipmates.jp/index.htmlも決まり、
荷物の引渡し日(3月18日)も決まったので、
この船便で一緒に送る移住用の買い物に行ってきました。

今回、今持ってる家具や電化製品のほとんどは処分していきますが、
ゲーム機・DVDプレイヤー・プリンター・パソコン・MDコンポ(Saraの)は持って行きます。

野口商会http://www.noguchi-nagoya.co.jp/

変圧器1000W(DVDプレイヤー、プレステ2などのゲーム機用)  21840円
変圧器70W(携帯電話など)4000円
oプラグ 5ヶ         1890円
AUプラグ 3ヶ        2100円
TIGER 炊飯器1升炊き  15540円
TIGER ホットプレート鍋  11340円
SANYO ホットプレート   15540円

合計             72250円

カインズホーム

キャリーカート 2台       3960円
洗濯干し(靴下用アルミ小)  398円
     (ステンレス大)×2  1900円
T-FAl鍋セット          7980円
天ぷら用小鍋           950円
玉子焼き用フライパン     1780円
弁当箱セット          1780円
生理用ナプキン・荷造りビニールテープ・ストッパー・その他

合計              21936円

夜には、箱詰めしてあった中身を確認して、
zanさんのパッキングリスト(通関の人たちからも完璧と言われるほどの素晴らしいリストです)を
参考に、パッキングリスト用に中身を書き出し、番号をつけて、箱のふたを閉め始めました。


     

ダンボール追加

2008.03.05
今回は、衣類用のダンボールを追加しました。

52×38×38.5 240円×10枚
51×30×36  180円×20枚

送料・代引き手数料 915円
合計       6965円

あちゃー

2008.03.03
実家への引越し直前、
子供達も体調を崩し、小児科に連れて行ったとき、
なんと、駐車場に停めてあった我が家の車に、よそのおじいちゃんの車がぶつかってきました。
私は、まだ病院内で会計と薬待ちをしていたのですが、
たまたま、旦那と長女・次男を車に待たせてあったので、
旦那がすぐに車から降りて、おじいちゃんを呼び止めました。
待合室に長女が飛び込んできて、
”どこかのおじいちゃんの車がぶつかってきたー。おじいちゃんは、そのまま立ち去ろうとしたけど、
今、ポールが呼び止めたところ”って。
慌てて駐車場へ行き、その場は、お互いの連絡先を交換して別れましたが、
おじいちゃんの運転、とても危険でした。
無事に帰れたのか心配していたら、夕方、そのおじいちゃんから電話があり、
夜は、警察へ出向きバタバタでした。

実家への引越し後、まずは、市役所へ住所変更に。
市役所は、この時期、確定申告や引越しなどで混んでいました。
そのまま、役場でできる子供医療証、児童手当の住所変更も済ませました。
郵便局、銀行、カード関連の住所変更。
使ってなかった銀行口座は、この際なので閉じてきました。
(海外に行く場合は、実家などの連絡先があれば、
口座はそのままにしておくことも可能だそうです。
万が一、10年以上動きがなく、日本に帰ってきても、
通帳・印鑑・キャッシュカード等があれば、復活させることもできるそうです)

燃えないごみやテレビ台などをクリーンセンターに持ち込み、
処分してもらいました。今回は、40キロ分 420円なり。

実家の取り外したエアコンや電子レンジは、
たまたま近所を廻っていた回収業者に引き取ってもらえました。
なんと無料で!
テレビ等で、いろいろなうわさを耳にしていたので、
引き取ってもらうのに少しドキドキしましたが、
良い業者の方でホッとしました。
業者の方も、”全ての回収業者が悪いわけではないのに、一部の業者のせいで、
真面目に働いている我々まで誤解されるのは悲しい”とおっしゃってましたが、
そのとおりですよね。

実家への引越し

2008.02.29
久々の日記更新ですので、まずは、フライト決定後の報告。

今回は、費用節約もあり、
出来るだけ自分たちで実家への引越し作業をするという旦那の言うことを
聞き入れ、 エアコン2台・冷蔵庫・リビングボードだけを業者に
運んでもらいました。

しかし、他にも家具があるんです。その上、荷物もいっぱい。
一体、何度、車や台車を使い、実家とうちを往復したことでしょう(泣)

仕上げは、今まで住んでいた家と庭の大掃除。
実家の母、母の友達、叔母にも手伝ってもらい、みんなで全てピカピカに。
夜は、旦那・長女・私の3人でワックスがけをし、
翌朝は、障子やふすまの穴をお花マークで修正し、完璧。

査定に来た不動産屋さん2人も、
”長く住んでいたのに、とてもきれいに使ってありますね”
といってくださいました。

確かに、和室は3部屋とも上敷きをひいていたし、
子供部屋の砂壁は、下半分をダンボールで保護してました。

不動産屋さんからは、”長く住んでいたので畳は張替えかも”と言われていたので
ドキドキものでしたが、
査定後、敷金は唐紙修理代5千円を引かれただけで済みました。ホッ。

ご近所のみなさん、大家さんへのご挨拶を済ませ、
実家に引っ越してきましたが、
移住用荷物は箱詰めの途中だったし、
引越し間際は、とにかく荷物を実家の1階・2階・庭にまで運び込んだので、
実家は足の踏み場もない状態になってしまいました。
引越し後も荷物整理は続くのでした・・・。

”次回からは、お金がかかってもいいから、引越し業者に任せよう”と
旦那の一言に大きくうなづきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。